ボードゲーム関連の告知、報告、雑記。

2014年09月01日

第8回ギグのご報告

直前に「人少ないかも」的な弱気ツイートをあげてしまったせいか、
6人の皆さまに駆け付けていただきました。お騒がせしました。

最初に持ち込み作品群をパシャリ。

140828ゲーム会.jpg

軽〜中量が中心。私の好みに合ってます。私の持ち込みが多いので当然ですね(笑)。


枯山水

かれさんすい.jpg

北部九州方面で話題沸騰中の日本庭園構築ゲーム。
正確には、庭石を押し付け合う小坊主達の闘いです。

ランダムな組合せで登場する石を、手持の石で競り落とし。
競りは、@石に書かれた数字の少なさ、次にA石の少なさで勝敗を判断。
競り落とした石はマイボードに置きますが、組合せ次第で師匠から
「山河蹂躙っ!!」などと渇が入って罰点をくらいます。

いかにして罰点を回避しつつ、人に罰点をくらわせるのかの駆け引きが熱い。
競りに参加せず「怠惰」カード(罰点1)をあえてくらうのも大事。

シンプルなルールなので初心者もOK。
あまり話題にのぼらない作品ですがこれは良いですよー。


クーハンデルマスター

クーハンデルマスター.jpg

とぼけた感じの動物たちがお金のやり取りに従い右往左往するゲーム。
単なるお買い物ゲームと思いきや、時間制限ありの競りやブラフありの買値提示。
どこからともなく「むぐぐ・・・」「むぎぎ・・・」と漏れ聞こえてくる展開(笑)。

私は最高価値の馬をそろえましたが、全部で2種類の動物しかそろえられず。
勝者は3種類そろえたプレイヤーでした。
最終盤、激しくネズミの押し付け合いをする場面も見所でした。
5人で1時間ほど。

名作と言われるだけの作品です。もっと早くにプレイしておくべきでした。


ハイソサエティ

ハイソサエティ.jpg

シンプルなルールにもかかわらず、ときには急性胃炎になりそうなほどに、
ときには禿げ上がりそうなほど悩ましい、そんな作品。

9とダブルカードを持つトップを皆で追いかける展開でしたが、そのままトップ逃げ切り。
手持金最下位の私は「ご利用は計画的に」ルールで即脱落。はひーん。
これもシンプルなのに深いなぁ、ほんと。再戦希望。


今回は期せずして、競りゲーム大会になりました。
ご参加の皆さま、大変ありがとうございました。
また次回も宜しくお願い致します。
posted by tennkyuu at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: