ボードゲーム関連の告知、報告、雑記。

2014年10月07日

第10回ギグのご報告

第10回ギグのご報告です。今回は4名の参加となりました。
やはり月曜日は日程的に厳しかったのではないかと思いました。反省。

しかしプレイの方は充実していました!(自分調べ)。


開拓王

開拓王.jpg

自分の領置にタイル配置。森、採石場、麦畑、都市を作り勝利点を獲得していくゲームです。
タイルは矛盾なく配置する必要がありますが、これがなかなかうまくいかず・・・。
特殊効果のある建物を建設するアクションもあるのですが、これがけっこう破天荒なものもあって、ギャーとかそりゃないよーみたいな叫び声が。

「カルカソンヌみたいな」あるいは「プエルトリコみたいな」などと言われそうな本作ですが、「楽しさのミニマムって何だろう」みたいな独自の追求をしているように思います。
「タイルの種類は頭にすべて入ってからが本当の勝負!」なんてガチなことを言わず、サラッと楽しみたいですね。


アンドロメダ

アンドロメダ.jpg

地球から遠く239万光年先にあるアンドロメダ星雲。星雲に浮かぶ7つの母星の軌道上にある衛星。
この衛星への入植競争は、スーパーコズミックなモノリス的装置で決します。
その装置がコレ(BGGより拝借)。

andromeda.jpg

動力は人力で、母星上のキューブをすべてたたき込んだあとシャカシャカ振り、装置から自色キューブが出てくれば入植成功です(自色以外ならそのキューブは地球に強制送還!)。
この超科学的な装置構造からもお分かりのように、母星に勢力をつぎ込めばつぎ込むほど入植の成功率は上昇。この「成功率を上げる」作業が本作の最大の魅力です(言い切った)。

ほかにも惑星カードの交換フェーズなどもうまく機能していて、楽しいプレイとなりました。


以上、なんと2作品のみのギグとなりました。
2つとも私がインストを担当し、ご迷惑をおかけしたかもしれません。当人としては主宰者の責任を一つ果たせて満足しております。

次回もどうぞ宜しくお願い致します。あ、月曜日にはもう開催しませんよー(笑)。
posted by tennkyuu at 16:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: