ボードゲーム関連の告知、報告、雑記。

2014年11月16日

第12回ギグのご報告

ゲームマーケットも近づきそわそわ感もありますが、HBGGは今回も地道にこじんまりと開催です。
参加者は主宰含め5名でした。それでは今回プレイした作品のご紹介に参ります。


キュービスト

キュービスト.JPG

インスタレーション作家になって作品を生み出しつつ、共用の美術館の運営にも貢献するというなんとも縁遠い世界がテーマでした。
手番ではダイス2つをロールして、マイボード(製作作業場が2つあります)上に配置などし、条件を充たせば作品が完成、得点というのが基本的な流れ。
インスタレーションの設計図は早い者勝ちなので、他プレイヤーの動向も見つつ、場合によっては「芸術は爆発じゃ!」と製作途中の作品を破壊、放棄することも。
こう書くと華々しいテーマのようにも思えますが、基本ダイス目をあーでもないこーでもないとこねくり回しながらのプレイなので地味な感じではありました。
卓分けの都合で途中終了でしたので、再戦希望です。


ライトライン

ライトライン.JPG

5色の水道管を1本でもよいのでつないでしまいなさい!というアドルングの論旨明快な新作です。
配置するのも得点カウントも同じカードで裏表を使うのですが、得点カードの取り方のルールに一ひねりありました。
軽いうえに8人まで対応。例会の中のワンクッションとしてプレイすると良さげです。


エグザクティカ

主宰はボドゲを始めた10年ほど前に、初めてのトリックテイキングとして本作をプレイ。「なんだこれは!!」と衝撃を受けたことを鮮明に記憶しています。そしてリプリントされたので購入してみましたが・・・
あれ?あれれ?という感じでした。すいません、ホントになぜかあれれ?なんです。何かの間違いかもしれないので再戦希望です。なお、あれれ?感が大きくて写真取り忘れ・・・。


チャイナタウン

チャイナタウン.JPG

チャイナタウンでは未曽有の土地開発ブームが到来。12種類の業種の中から将来性ある業種を見出し、より規模の大きい出店を目指せ!という世界観。
出店する先の土地と業種はランダムで指定され、その後土地と業種を交渉で交換し合い、揉み込んでいく。
交渉フェーズはかなりの面白さで、抜け目なく利ざやを稼ごうとしても、次ラウンドで思惑が外れたり。気を抜けず、悲喜こもごもの展開になります。
この交渉フェーズの濃さが最大のウリなんですね。初プレイでしたので、名作たる所以見たりといった感想です。
ルールもシンプルだし、これはまたどこかで持ち込みたいなと思います。


以上4ゲーム、軽重織り交ぜたラインナップでした。
ご参加の皆さまありがとうございました。

さて当会も今月でスタートから1年が経過しました。
主宰が反省しているとおり、参加者確保が相変わらずの課題です。
色々と創意工夫が必要なのは明らかなので、次の1年も模索してみたいと思います。
地道にコツコツと頑張っております。
どうぞこれからも広くご参加のほど宜しくお願い致します。

  ※次回は12月4日(木)17時からです!
posted by tennkyuu at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: