ボードゲーム関連の告知、報告、雑記。

2014年12月05日

第13回ギグのご報告

昨晩はグッと冷え込みましたが、6人が参加される今年最後のギグとなりました。
それではプレイしたゲームのご紹介です。
(プレイマットを忘れてしまったため、机丸見えの写真になり残念です。)


シカゴ証券取引所

ストックエクスチェンジ.JPG

固いタイトル名ですが、ルール説明1分、1プレイ10分とかるーいゲームでした。商品ごとに相場が変動(下落のみ)するのですが、おそらく最も軽い株ゲームではないでしょうか。
トレーダーコマの移動歩数を選択できる基本ルールの方が好みでした。
時間調整と株ゲームの入門編としてよいのでは。


5本のキュウリ

5本のキュウリ.JPG

評判はよいのに機会に恵まれず、ようやくプレイすることができました。
大きい数字は早めに使っておきたいけど、いざというときに親をとれないと困るので温存も必要。その見極めが難しく、何とも言い様のないプレイ感ですね。
「キュウリ4倍付け」を被った方のリアクションには笑いました。


ヘルウィグ

ヘルウィグ.JPG

今回のメインディッシュ。切れ味鋭いシステムで有名なミヒャエル・シャハト氏の最新作です。
商館にビール、塩、鉄器の各商品を購入して配置し、都市間を結ぶ街道で需要のある都市を結びます。
各都市の需要の有無・売却価格はめくられるカード(唯一の非公開情報)で決まり、決算が起こります。
この決算が起こる都市が基本ランダムで決まるため、商品配置についての判断材料に乏しく、「これはもしかして運ゲー?」という発言もチラホラ聞かれました。
個人的には、乏しい判断材料の中から「いくつかの可能性に対応できる商品販売ネットワークの構築」がテーマなのではと善解しました。
上級ルールもあるようですが、基本ルールでもっとプレイしてみたいですね。敬愛するシャハト先生の作品のなのでスルメのように噛んでみます(笑)。
インスト40分、4人プレイで90分かかりました。

以上、今回は少なめの3ゲームでした。
席、テーブルにまだまだ余裕がありますので、お気軽にご参加ください!

今回参加された皆さま、また今年ご参加いただきました皆さま、大変お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。


posted by tennkyuu at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: