ボードゲーム関連の告知、報告、雑記。

2015年04月27日

第17回ギグのご報告

今回はお二人の方に初のご参加をいただきました。ありがとうございました。
(地道に続けていてよかった〜と嬉しくなり、帰宅後に祝杯をあげました。)

さて今回も充実のプレイ内容です。


クフ王

クフ王引き.JPG

クフ王のピラミッドには宝物がいっぱい。盗掘した宝物をコレクション・売却してウハウハしようというゲーム。
ピラミッドの最下層から、手札の盗掘タイルを置いてそれと交換に宝物またはイベントタイルを引くというシンプルなシステム。宝物の売却相場は宝物の売却とイベントタイルをめくることで、色毎に上下します。
イベントタイルは迷惑な効果が多く、「盗掘による呪い」のイメージ。めくるときは「亡き王の怒りに触れるがよい!」「子々孫々にわたる災厄となるであろう!」などとキャプションをつけると盛り上がります(笑)。
そのほか、盗掘タイルの置き方には「同じ種類と隣接させてはいけない」「下の段のタイルに支えられる必要がある」など、ちょっとひねったルールがありましたが、軽量級のゲームになるかと。

クフ王アップ.JPG

宝物(スカラベ)が輝いています。長年タンスの肥やしにしていたこの作品もようやく陽の目を見ることに。ほくほく。


すき間に入れて

すき間に入れて.JPG

次は軽いカードゲームを。目標カードの近似値を狙いながら、狙えないときはムリをせずに数字と数字のすき間に入れていくという押し引きの感覚が楽しい、そんな作品でした。
次のラウンドのすき間がある程度わかっている点もおもしろさの一つでしょうね。これはチャンスがあれば入手しておきたいと思います。


枯山水

枯山水引き.JPG

従来のボドゲファンを楽しませるのみならず、新規参入者の間口を力強く押し広げている本作。HBGGでもどんどんプレイしますよー(といってもこれが2回目)。
各プレイヤーの作庭プランはいろいろ。他人の庭を見て「ほうほう」なんて言いつつ眺めるのも楽し。自分の庭を眺めて「着想とちがう!これじゃない!」などと腹を立てることも(笑)

枯山水アップ.JPG

今回は苔タイルを頻繁にめくりましたが、組み合わせがよく、なんとかまとめ上げることができトップタイの結果でした。
このゲームにしか出せない世界観、雰囲気がありますね。人気があるのも頷けます。


犯人は踊るポーカー

犯人は踊る.JPG

わずか5枚のカードで推理戦。場に犯人がくるのか一般人がくるのかで、手札の勝敗が決まります。苦手なタイプのゲームですが、なんとなーくコツがつかめてきました。
こういうミニマムなゲームをつくるのはデザインの才能がある証なんではないかと、ちょっと上からのコメント失礼します(ふるえ声)。


さて今回も充実の4ゲームでした、新規の参加者がいらっしゃるとやはり盛り上がりますし、何より主宰の私のモチベーションが高まります(高まったからと言って何かが変わるわけでもないんですが・・・)。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。また次回も宜しくお願いいたします。
posted by tennkyuu at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: