ボードゲーム関連の告知、報告、雑記。

2016年11月13日

第30回ギグのご報告

寒さも増してきていよいよボドゲの季節がやって参りました(いや1年中そうだけど)。
今回も15人の方にご参加いただく盛況となりました。
新作も多く持ち込まれていましたよ。はい、ではご報告っ。

IMG_6802.JPG

マングローブ
賽苑さんの目にもあざやかなバランスゲーム。自色を決めて枝を抜く。すると枝の下端には別の色が。その色のプレイやーが抜いていき・・・ある程度の枝が抜かれると、バラバラッとそこはかとない耽美な趣で終了を迎えます。エクスタシー・・・。枝が適度にたわむ素材でできていて絶妙なマングローブ具合です。こんなシャレオツな作品を部屋にさりげなく飾ると恋もうまくいく!(かも)。


IMG_6789.JPG

ロンド
カチリ、カチリと音を立てるチップ。見た目は軽そうですが「こっちにもあっちにも高得点のマスが!」「むむむ先を越されてしまう。。。」「なんでこんなときにチップが3枚なのよ」などなどのジレンマが襲いかかります。ボードも両面仕様。今回は地獄の業火にあぶられながらの赤面で「取れるものはまず取りに行く!」という一本道な方針で勝利しました。


IMG_6811.JPG

グラビティメイズ
これは目を惹きますね。鉄球(パチンコ玉ではない)が3Dに組み上がったメイズをグラビティにしたがってフォールダウンして行くそんな意欲作です。ルールはよく分かりませんが、一人でもくもくとプレイされている方も見かけましたのでそのような作品なのでしょう。


IMG_6806.JPG

宝石の煌めき
今回も宝石はきらめいていました。それ以上の言葉はありません。強いて言えばブリリアントです。


IMG_6808.JPG

インサイダーゲーム
プレイの様子を目の端で追いながらの雑な評ですが、いわゆる水平思考クイズ+人狼でしょうか。間違っていたらすいません。8人プレイでかなり盛り上がっていましたので良い作品なのでしょうね。


IMG_6819.JPG

チャイナタウン
今回ぜひプレイしていただきたかった作品の一つ。今回はお一人を除いて4人が初という5人プレイでした。基本、交渉がWIN−WINになるのが特徴です。ギスギスしません。ただ交渉材料を求める姿勢や態度に人柄が表れたり、自分でも知らなかった一面もつい出てしまう(ホントかね)。今回も女王様のようにふるまったプレイヤーが中盤でミシン5区画確定させるなどして勝利。未確定の区画でも小銭は稼げるので、序盤からチマチマ商売タイルを置いていった方がよいように思うのですが今回は皆さんどのように感じたのでしょうか。興味があります。


IMG_6815.JPG

シェッフェルン
リンカーンコンチネンタル風の車で賭場かなにかに乗り付けてドルを荒稼ぎという、理解困難なシチュエーションはともかく、シンプルなルールにほどよい駆け引きの好感触作品でした。ただし!ラベンダー色含め、暖色系のカードと車の視認性が非常に悪かったです(きつ目に言えばこれだけでお蔵入りにしたいくらいです)。


IMG_6821.JPG

ワインと毒とゴブレット
軽い会話を楽しみながら毒入りワインを飲み干して「グハッ」と倒れ込むそんな作品です。4人プレイでしたがかなり盛り上がっていたので評判通りの面白さなのでしょうね。これはいつかプレイしたいな。今回は実際にほろ酔い状態だったプレイヤー(男爵夫人)の口八丁に乗せられた王様プレイヤーが「グハッ」となって終了したようです。よきかなよきかな。


今回はプレイされた作品は少なめでしたが、内容の濃いギグではなかったでしょうか。ご参加の皆さんありがとうございました。次回も楽しく遊びましょう!


次回は「HBGG・イヤーエンドギグ」と題しまして、ゲームプレイは20時30分ころまで、その後会場貸切の忘年パーティーを開催します。

飲み放題かつイタリアーンなフードに、全員参加のパーティーゲーム(景品アリ)で今年の幕を閉じたいと思いますので、ぜひぜひぜひご参加くださいませ!(詳細は後日告知いたします)。
posted by tennkyuu at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: